仕事内容について

税理士の仕事

税理士の主な仕事は、税務申告、税務相談です。 税務申告とは、法人や個人の法人税所得税などの申告書を作成し提出することです。一年の所得を計算するために帳簿をつけたり決算を組んだりする所謂記帳代行も併せて行うことがよくあります。 また、税務相談とは、関与先の税金に関する相談に乗ることです。どうすれば適法に税金を安く済ませることができるかという節税に関する相談などが主です。また相談内容は税金に関することだけにとどまらず、経営に関する相談に乗ることもあります。 税理士になるには、いくつか方法がありますが、いちばんオーソドックスなのは税理士試験に合格することです。税理士試験に合格することと、税務に関する実務経験を二年積むことが条件です。この二つの条件を備えて登録をすると税理士として仕事をすることができます。

確定申告などでとても役に立つ税理士について説明します

税理士は税金のプロで、税理士に確定申告などを依頼すると、税金が安くなる場合があります。 税理士は、その他に会社経営での税金の問題や、相続などでの税金の問題の相談も受け付けてくれ、税務署と交渉してくれて、それらの税金がとても安くなる場合が多いです。 税理士に依頼するには、それなりの費用が発生しますが、節税の金額を考えたら、税理士に支払う報酬がうく場合もあるので、利益関係を考えてから税理士に依頼をすると良いです。 会社を経営している場合などには、顧問税理士を雇っておく方が良いです。その方が会社全般の税金の問題をいつでも相談や代行をしてもらえるようになるからです。また、会社の経理面の指導もしてもらえるようになるので、とても心強い味方になってくれます。